大学生のバイト代!使い道の内訳はなに?

大学生だとほとんどの人はアルバイトをしていると思います。しかし忙しい大学生活の中で働くことのできる時間というのは少ないです。そんな少ない時間の中で得たアルバイト代を皆さんは何に使っていますか?遊びでしょうか、それとも貯金しているのでしょうか。気になる大学生のバイト代の使い道を調べてみました。

スポンサーリンク

大学生のバイト代

そもそも大学生のバイト代ってどのくらいなのでしょう?人によって個人差があるかもしれませんが、平均は5万円前後らしいです。私には理系の知人がいますが学業がとても忙しいらしくアルバイトは週に1回、月に3万円ほどしか稼いでいないけれど、そもそもお金を使う時間自体がないので貯まっていくと言っていました。

大学生のバイト代!使い道の内訳はなに?

一人暮らしのお金の使い道は?

一口に「大学生のお金の使い道」と言っても故郷を離れて一人暮らしをしている大学生と、実家に住みそこから大学へ通っている大学生とではお金の使い道は大きく異なりますよね。まずは一人暮らしのお金の使い道から見ていきましょう。

食費は平均して4万円前後です。朝、昼、晩のすべての食事を食べることを考えればこの値段くらいになるのでしょう。実家暮らしだと外で食べない限りお金がかかることはないと思うのでもう少し平均値は下がります。

そのほか電気代は平均2000円、水道代は平均2000円、ガス代は平均2500円でした。光熱費と食事で大目に見て5万円、これに比べて家賃などの賃料も入ってくるとなると・・・。大学生には学業もありますしすべてを自分のアルバイト代で何とかするのはかなり厳しいでしょう。

仕送りをしてくれている両親には感謝しないといけませんね。自由に使えるお金は月に1万~2万円ほどでしょうか。一人暮らしは自分一人の時間が多いので趣味にお金や時間を充てている人が多いです。私も一人の時は趣味の楽器をよく弾いていました。

スポンサーリンク

実家住まいのお金の使い道は?

続いて実家住まいのお金の使い道を見てみましょう。実家住まいは光熱費や賃料などのお金を負担しなくていい分、自由に使うことのできるお金の幅が広がりますね!

食費の平均は一人暮らしよりも1万円低い3万円前後が平均です。圧倒的に遊びに使うお金が多く、2万円~3万円ほど使っているようです。大学生のアルバイト代が平均して5万円前後なのを考えれば、遊びもしながら貯金をしていくというのは難しいことなのかもしれません。

ただ人間関係は非常に大切ですし、学生のうちにしかできないことや友達と思い出を作ることは大切なので学生のうちに無理に貯金しなくてもいいかもしれませんね。

ここまで大学生のバイト代!使い道の内訳はなに?についてお話してきました。いかがでしたか?この記事が大学生の皆さんの日常の参考になれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか。



スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す