大学生カップルの会う頻度はどれぐらい?

大学生は時間があるといっても実際にはアルバイトや学業、友達付き合いなどをしなくてはならないので忙しいですよね。彼氏・彼女と会っている人たちはいったいどこでそんな時間を取っているのでしょうか。

大学生のカップルがお互いに合う頻度とはどのくらいなのでしょうか。今回はその点について調べてみました。

スポンサーリンク

通っている大学が一緒!

大学生カップルの会う頻度はどれぐらい?

通っている大学が一緒だとやはり会える頻度は多くなります。講義の時間や受ける内容を同じにすれば講義中でも一緒にいることができますし、講義と講義の間の時間やお昼休みなどは時間が1時間から2時間ほどありますので近くのカフェやショッピングモールなどへ行くこともできます。

私の友人は大学に通っているとき、彼女と大学が同じだったので一週間に6日間も会っていたと言っていました。それでいて長く幸せにしているのですから脱帽です。

人によっては会い過ぎてマンネリ化してしまい飽きてしまう人もいると思うので、ある程度会う頻度というものを考えておいた方がいいかもしれません。

付き合っているが大学は別

お互いに大学生ではあるけれど大学が別々の場合は通っている大学が一緒のカップルのようにたくさん会うことはできません。一週間に1日か2日ほど会うのが平均なようです。

高校の時からお互いを知っていて相手のことを理解できているのであればあまり問題はありませんが、何かのイベントがきっかけで知り合ったり、アルバイトがきっかけで知り合ったりした人のように、相手のことをまだ理解していない状態であると気持ちの交錯が起こる恐れがあるので注意が必要です。

お互い寂しい思いをしないくらいには会う時間を作っておくべきでしょう。

スポンサーリンク

学年によって会う頻度は変わってくる

いままではお互いの環境を軸にして見てきましたが、年齢や学年によっても会う頻度というのは変わってくるようです。

まず大学1・2年生は大学の学業や大学そのものの活動に集中できる時期ですので比較的多く恋人と会う時間を作れます。

3年生はインターンが始まったり自己分析・企業分析などをしたりしなくてはならないし、就職活動を意識し出す時期であるので1・2年の時と比べる会える頻度はやや少なくなるようです。

4年生は就職活動本番ですので時間はほぼありません。しかし内定式は10月に行うのが一般的ですので、内定の取れている方であれば10月以降は会える時間を取ることができるでしょう。

大学年上の恋人、年下の恋人とお付き合いをしている方は相手の年齢や学年を考えて、気を配ってあげなくてはならない部分があるということですね。

いかがでしたか?自分達はどのくらいの頻度で会っているのか。その他のことがおろそかになっていないか、考えてみるのもいいですね。

こちらの記事もいかがですか。



スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す