彼氏の条件はいい!でもそんなに好きじゃないの?

彼氏としての条件はいいけれど、
そんなに好きじゃない…

そんな悩みを持つ人もいますよね。

自分が理想とする条件の男性なら、きっと
好きになれる、大丈夫とは思っていても、
実際の気持ちは、そうではないということ
なのですよね。

スポンサーリンク

条件と好きになるは全く別物

つまり、男性を好きになるということと、条件が
整っているということは、全く別物で、
必ずしも
一致するわけではないということですよね。

これはどうして起こることなのでしょう?

彼氏の条件はいい!でもそんなに好きじゃないの?

彼氏の条件はいい!でもそんなに好きじゃないの?

好きという感情は、頭ではなく心からくるもの

彼氏としての条件がいいというのは、
自分の頭の中で思い描いた理想の
男性像に近い
ということですよね。

つまり、好みの条件を、自分が頭の中で
組み立てたものということになり、理性が
働いている状況で考えられたもの
という
ことになります。

ですが一方で、男性を好きになるという
感情は、
理性とは別のところで突然
沸き起こってきたりしますよね。

好きになる感情は理性じゃない

例えば、初めて会った男性に一目ぼれを
するとか、特に好みではないけれど、
なぜか好きになってしまったとか、理想とは
全く逆のタイプの男性を好きになってしまった、

外見がタイプで好きになった…
などが挙げられるでしょう。

スポンサーリンク

いずれも、自分の理性の働かないところで、
直感的に男性を好きになっていますから、
この場合、条件がいいということは、好きに
なった時点では、全く度外視しているはずです。

つまり、条件とは無関係に好きに
なっているわけ
ですよね。

そして、好きになった人が、結果として、
いい条件を備えた人かどうか、
後で判断することになるでしょう。

ですので、条件がいいことと、好きになる
ということは、必ずしも一致するわけでは
ない
のですよね。

どちらを重視するかは、自分次第

外見や雰囲気などが好みの男性であっても、
ギャンブルが好きでだらしないとか、浮気性など、
彼氏の条件としては失格の人もいるでしょう。

でも、理屈抜きにして、一緒にいると
幸せを感じることもあるはず
です。

また一方では、そういう条件の良くない
男性に嫌悪感を抱き、条件の良い男性を
彼氏にすることで、何となく物足りなさは
感じても、精神的に落ち着いたお付き合いが
できることを幸せと感じる
女性もいるはずです。

このように、心で満たされる恋愛をするか、
理性的に満たされる恋愛を望むかは、
人それぞれですので、どちらが正解と
いうことはないはずです。

いろいろな恋愛の形があって当然でしょう
から、自分の気持ちに正直な恋愛が
できれば良い
のですよね。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す