大学生の妊娠の不安を解消する 退学?それとも休学?

「大学」って知識や技術を学び、将来社会で働く準備をする所です。
しなくてはならないことはたくさんあり、時間も取られます。
就職活動や資格試験や就職後の事を考えると不安なることもたくさんあります。

その中で、大学生時代に妊娠に気づいた女子や彼女の妊娠を聞かされた男子には、
ものすごい大きな不安とストレスがかかるのは当然です。

スポンサーリンク

大学生の妊娠の不安とは

大学生のあなたの妊娠の先には出産や結婚という就職とは別の問題を引き起こすからです。
あるいは、出産をあきらめるという選択肢もあるでしょう。
しかし、この記事を見ているあなたは、心の中では、出産する覚悟を
きめているのではないかと思います。

大学生の妊娠の不安を解消する  退学?それとも休学?

学生生活で妊娠、出産が負担となるのは、

  • ①授業単位と卒業
    ②経済的な問題
    ③彼氏(彼女)との問題。
  • の3点ではないでしょうか?
    ①については大学の先生や友達、②ついては家族③についてはお互いの理解と協力が不可欠です。
    出産と育児をしながら卒業するためには、いかに負担少なく両立するのかが大切になります。
    出産や育児をする時期には休学をしなくてはならない場合もありますが、大学によっては退学後に復学できるシステムがあり、休学に比べて不利益がない場合もあります。

    退学の場合は、経歴に空白(履歴書にかけない無所属の時期)が発生しますが、休学とは違い授業料が発生しない場合があります(休学でも授業料が発生しない大学もあります)。

    スポンサーリンク

    大学生で妊娠、出産を選択する生き方

    ここまでは、意図せず妊娠してしまったケースを書きましたが、実は計画的に学生時代に子供を作る人もいます。
    特に、資格を取るための試験勉強の負担が大きい人や、就きたい職業では出産や子育ての時間が取れない人に多いようです。
    就職後に出産し、両親に助けてもらうのであれば、少しでも早いほうが両親にとっても負担が少ないと考え学生結婚や学生時代の出産を計画的に選ぶのだそうです。

    多かれ少なかれ第一線で働く女性は、就職後に出産や育児をする時間を取りにくく、出産時期が遅れる傾向があります。
    会社を半年、一年休むと言うことは会社にとっても、本人にとっても不利益になる場合が多いからです。

    その点、大学を半年、一年休んでも全く問題はありません。
    また、一部の大学では秋卒業という制度がある大学もあります。
    半年休学しても、卒業には一年余計にかかる場合も多いですが、秋卒業がある大学ならば半年休んで4年半で卒業できるかも分かりません(4年制大学の場合)。

    裏技的ですが、休学もしないで在学を続けるという方法もあります。
    他の学年で不足分の単位を取得すれば4年間で卒業できる可能性があるからです。

    現在は、少子化で子供が生まれることには社会は協力的です。
    まずは、生んで育てて、卒業して就職する方向を検討してはどうかと思います。

    いずれにしても大学の先生や家族の理解と協力が不可欠であることは心に置いておいて欲しいですね。

    こちらの記事もいかがですか。



    スポンサーリンク

      スポンサーリンク

      コメントを残す