ファッション

生脚って何歳まで大丈夫でしょうか?

いつでもどこに行くときにも、生脚。生脚の方が、ナチュラルだし、何より開放的で楽ちん。
ミニスカートにも、サンダルにも、生脚の方が、ぴったり合うから、という女性、いますよね。

生脚は、とても健康的で、とても素敵です。それに、生脚は若々しい印象で、それだけで十分きれいですよね。
でも、生脚って、一体何歳までOKなの?いつまで生脚でいられるの?と、そんな疑問も出てきますよね。









生脚は20代前半まで

そんな疑問を持っているあなたに、お答えしましょう。生脚をしていてもいい年齢は、ズバリ、「20代前半まで」でしょう。

ふさわしくない年齢に生脚をしていると、「年齢にふさわしくない」「分かってない」「似合っていない」と
周りから評価されることもありますので、気をつけたいですね。

いくら自分が好きでも、生脚が似合う、ふさわしい年齢はありますので、きちんと考慮しましょう。

生脚って何歳まで大丈夫でしょうか?ge-1117″ />

20代前半と後半の違いは

まず、20代前半と20代後半では、見た目の落ち着き具合が変わってきます。
ですので、当然ファッションも変わってきますよね。

20代前半と言えば、少し前まで高校生だった、という人もいる年頃。逆に20代後半は、そろそろ結婚も考える人も出てきたり、
社会的にも仕事が落ち着いてきて、いろいろ周りが見え始める頃。

それに、中には30歳を目前に控えている人もいて、生脚どころではありません。

周囲が生脚の違和感に気付く

20代後半の人は、20代前半の人を見て、(若いな~、自分はもうこの年齢の人たちとは違うな)と、実感してくる頃です。

また、歩き方や後ろ姿にまで、その人の年齢は表れてきますので、同じように生脚をしていても、
どちらが20代前半で、どちらが20代後半かは、見る人が見れば分かります。

25歳は生脚の曲がり角

また、よく「25歳は、お肌の曲がり角」と言いますが、そこまで、顔のお肌にはっきりとした違いは出てこなくとも、
脚もお肌の一部ですので、やはり年齢って表れてきます。

それは、お肌の張り具合、筋肉の張り具合などです。

当然ですが、若い方が、お肌も美しいのが一般的です。
年齢を重ねてもお肌が美しい人は、やはりそれなりに、お手入れの時間を掛けているのです。









肌の張り具合は年齢で露呈する

まず、お肌の張り具合ですが、こればかりは、年齢の差を隠せません。いくらお手入れをしても、
張りを取り戻すことは難しいでしょう。

筋肉の張り具合は、20代前半の場合、高校生まで運動をしていた人もいるでしょうから、そんなに、
筋肉はまだ衰えていません。ですが、20代後半ともなると、継続して運動でもしていない限り、筋肉は落ちてしまっている
人もいるでしょう。

ですので、生脚になれば、余計に年齢が出てきてしまいます。

生脚はお手入れが大事

ここまで生脚って何歳まで大丈夫でしょうか?と疑問のあなたと一緒に、
女性のファッションでもある生脚について考察してきました。

いかがですか?あと何年、生脚ができそうですか?いくら若くても、生脚になるからには、お手入れはきちんとしましょうね。

蚊に刺された跡があったり、傷があったり、膝やかかとがガサガサだったりしては、せっかくの生脚も台無しです。
美しくケアされた生脚だと、きっとみんなの注目の的ですよ。

こちらの記事もいかがですか。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です