生活

飲酒で大学生が処分されないために注意する事は?

大学生になると、新歓イベントや友達、先輩との飲み会がたくさんあると思います。高校生の時とは違う世界が広がっていますね!18歳なのにお酒を飲んでいる人は多いから自分も・・・と思って、一緒に騒いで飲んでいませんか?

もう大学生だから」と思いがちですが、日本では飲酒は20歳からという風に定められています。
大げさに聞こえるかもしれませんが、飲酒で全てを台無しにしてしまう可能性だってあります。

せっかく大学に入学して、これからという時に、そんなのもったいないですよね?
この記事では飲酒で大学生が処分されないために注意する事をチェックしていきましょう。

スポンサーリンク




なぜ飲酒は20歳からなのか?

日本では飲酒は20歳からという線引きがされていますが、それには以下のような理由があるからです。

  • 脳や性機能の発達を妨げてしまうから。
  • アルコール依存症になる可能性が高いから。
  • 臓器障害の可能性が高いから。
飲酒で大学生が処分されないために注意する事は?

お酒の強要

先輩に「飲め!」と言われて、強いお酒を無理して飲んでいませんか?

特に一気飲みなどは、アルコール依存症になってしまう可能性が高まります。
本来なら、未成年の飲酒を注意しなければならない立場の人間が、このような強要をしてしまうことが多いというのが現状です。

断る勇気

先輩や友人に言われて、飲まないと場が白けてしまう・・・という雰囲気になることも多いと思います。

その雰囲気に流されて飲まないようにしなければなりません。
飲めない」「飲みたくない」ということをきちんと伝えることが大切です。

体質によっては、飲めない人も大勢います。既に飲んでしまって、これ以上は飲めないという人もいるでしょう。
断るなんて格好悪い!」「そんなの恥ずかしい!」と思って断ることが出来ない人は、そもそも飲み会に参加すべきではありません。

スポンサーリンク




自分を守れるのは自分だけ

ニュースで見聞きしたことがあると思いますが、急性アルコール中毒による死亡例もあります。とても恐ろしいですよね。

飲酒は20歳を超えてからと言いますが、20歳を超えたからといって、たくさん飲めるということでもありません。
自分がどのくらいの量のお酒を飲めるのか、知っておくことも大事ですね。

少量から始めて、「これ以上は無理かも」という目安を知っておきましょう。

自分の体のことを分かっているのは自分以外にはいません。
つまり、あなたの身を守れるのはあなたしかいないということです。

最後に

ここまで飲酒で大学生が処分されないために注意する事について深掘りしてきました。

お酒への憧れを抱く人は多いですよね?でも、お酒が飲めないことが格好悪い、恥ずかしいなんてことはありません。
20歳になってから、自分に合った飲み方やペースをしっかりと把握し、楽しくお酒と向き合うことが大切です。

未成年の飲酒はもちろんのこと、20歳を超えてからも気を付けましょう!

こちらの記事もいかがですか。

スポンサーリンク