恋愛

可愛くないのに好きになったボクの深層心理を深掘りして!

好みではない子を好きになったことがある人はいませんか?

顔は可愛いとは言い難いのに、気付いたら何故か好きになってしまった
・・・不思議ですよね。

女性に対しては少し失礼な話ですが、
そのような男性心理とは、一体どのようなものなのでしょうか?

この記事では可愛くないのに好きになったあなたの深層心理を深掘りしていきます。

スポンサーリンク








性格が良い

見た目ではなく、その子の内面に惹かれて恋をしています。
優しかったり、気配りが出来たりする子ですね。

このような女性の内面をしっかりと見ることができるのは、とても素敵なことですよね!
可愛いしスタイルも良いのに、性格がきつい子は残念ですね。

性格が良い子は、男性からだけではなく、女性からも支持されていますね!

可愛くないのに好きになったボクの深層心理を深掘りして!

そばにいると安らぐ

女性に対して「安らぎ」を求めている男性は多いはずです。
癒されたり、安心したりすることができる相手です。

一緒にいると疲れが吹き飛ぶ、落ち着くという要素を持ち合わせている女性は、
どこそこにいるわけではありませんね。

フィーリングを大切にしている証拠でしょう。

一途さに負けた

特に気にかけていなかったのに、自分のことをずっと好きだと思い続けてくれていて、
その気持ちに応えたくなったという人もいるようですね。

言い方はあまり良くありませんが、「押しに負けた」ということです。

好意を持たれるというのは、やはり嬉しいものですよね。
顔はあまり好みじゃないけれど、一途に思ってくれる気持ちにグッとくる場合もあるんですね!

スポンサーリンク








趣向が似ている

お互いが共通の趣味を持っていることも大事なポイントになりますよね。

アニメが好きだったり、音楽が好きだったり、映画が好きだったり、
その時間を共有したいと思ったからという人も多くいます。

相手の外見よりも、二人で同じ楽しみを持てる喜びに価値を置いています。

流れで何となく

このような人もいるのではないですか?

クリスマスやバレンタインなど、ちょっと特別な日が近づくと、
一人でいるのが寂しくて・・・という感じです。

あるいは、しばらく彼女がいなかったからという人です。
一人でいるのが耐えられないために、手短にと考えている人もいるようです。

まとめ

男性は、女性の外見ばかりを気にして好きになるわけではありません。

もちろん、可愛い子がモテるのは当然です。
ですが、大人になって長い目で将来を考えるようになれば、
内面を重視して恋をする人が増えていくそうです。

どんな女性にも、魅力は必ずあるものです。
その魅力を見つけ出すことが出来たならば、外見に捉われずにその恋を大切にしてください!

その女性が運命の人であることを祈っています。

こちらの記事もいかがですか。

スポンサーリンク