生活

大学生の貯金の平均は!必要額はどのぐらい?

私の周りの友達ってどのくらい貯金しているのだろう?世の大学生の貯金平均額ってどのくらいなのだろう?なんて考えたことはありませんか?気になりますよね!またどんなことにお金を使っているのでしょうか、調べてみました。

スポンサーリンク








大学生の平均貯金額

大学生の平均貯金額は約40万円です。意外と多いと感じませんか?しかしこれはあくまで平均ですので、一部の貯金をしている学生が引っ張っている部分があるのでしょう。大学生で40万円というとかなりの高額であるように思いますが、ここで考えてみてください。

高校生の頃の自分は10万円にどのくらいの価値を感じていましたか?途方もないお金でかなりの贅沢をすることができると思っていたと思います。しかし大学生の視点からみる10万円は安くはありませんが、高校のころよりも身近に感じるのではないでしょうか?

これと同様に社会人になり給料をもらうようになるとお金に対する感覚が変わってきます。きっと大学生の感じる10万円は社会人にとってさらに身近に感じる額となっているでしょう。

大学生の貯金の平均は!必要額はどのぐらい?

お金の使い道

大学生の支出内訳はどうなっているのでしょうか。まず食費からですね、食費は平均して3万円前後みたいです。実家暮らしの人はもう少し節約することができると思いますのでもう少し低くなるでしょう。

そのほか電気代は平均2000円、水道代は平均2000円、ガス代は平均2500円でした。これは一人暮らしのデータですが仕送りがなくてはすべてを一人でなんとかするのは厳しいようですね。6万円ほど月に収入があれば学生のうちは大丈夫なようです。

スポンサーリンク








貯金はしたほうがいい?

先ほど大学生の平均貯金額は約40万円だと言いましたが、大学生のうちに貯金はしたほうがいいのでしょうか。40万円という額は就職すれば1年で貯めることができます。大学生が頑張ってためたこの金額は社会人からしてみれば1年で貯めることのできる程度の価値しかないということなのです。

そうであるならば無理に貯金などせずに使ってしまった方がいいのではないでしょうか。もちろん使うといってもただ無駄に浪費していくだけでは意味がありません。それが投資にならなくてはいけないのです。

ここでいう投資は自己投資のことですね。自己投資とはお金を用いて自分自身の価値を高めるということです。多くの書籍の知識を自分のものにしたり、セミナーに参加したりするといいでしょう。

どうでしたか?お金に対する考え方や使い方は人それぞれですが、この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク