生活

大学生は浪人だと入学してからつらいと聞くのですが?

大学生になる時には、現役で合格している人もいれば、浪人してから入学する人もいます。
高校を終えるまでは、普段考えることがない種類の事柄ですね。

自分自身が浪人の立場になれば、気になってしまうのが当たり前かもしれません。
このような慣れていないことに上手く対応していく為には、どのような考え方をすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク








大学生の浪人:辛いということに関して

志望する大学に入る為に浪人する人はたくさんいます。
その為、高校生の時にはほとんど起きないことを、大学では経験することになってしまいます。

それは、現役合格の人と浪人した人との年齢が違うということです。

そのようなことがあり入学してからは、大学生活に慣れるまでに、
そのことがなんとなく気掛かりな状態になって、辛いとさえ思えてしまうのです。

しかしながら、年齢について気にし過ぎるよりも、早いうちに親しくできる友達を作ることなどによって、
大学生活も次第に高校生の頃と大して変わらないようになります。

大学生は浪人だと入学してからつらいと聞くのですが?

大学生の浪人:周りの同期生のことが気掛かり

自分の周囲の学生を、自分よりも年齢が下なんだ……と思うことが、気掛かりを発生させることになります。
しかし実際のところは、講義やサークルやアルバイトなどで大学生活を送っていると、けっこう忙しいはずなのです。

年齢差については、自分で思うほどくよくよ考えている状況にはなりません。
現在心配しているような状況は発生しないでしょう。

大学生の浪人:友達作りが気掛かり

同じように、友達を作る場合に、年齢差のことについて、いつ話せばいいのだろう?
という気掛かりなことがあります。

このような問題については、実際に話をしている場合には、一緒にいて楽しいかどうかという、
問題のみしか発生することはありません。

一緒にいて楽しいと思える人には、折を見て話すことをお勧めします。

気になるのは仕方ないことですが、その場面になれば会話や雰囲気の中で、
意外と楽に解決することになるでしょう。

スポンサーリンク








大学生の浪人:気掛かりを解決する為には?

①早めに友達を作ること

周りの学生との年齢差が気になってしまうような場合は、ひとりでいると余計に考えてしまいます。
早めに友達を作ることがいいですね。

気が合って一緒に楽しめる友達が1人いれば、その友達から年齢差についての気掛かりは解消していきます。

②サークルに入ってみる

大学ではサークルに入ってみることも、気掛かりな年齢差が気にならなくなるでしょう。

自分が好きなサークルであれば、同じサークルの人達と話ができますので、
自然に年齢に関しても話をするような状況があるのではないでしょうか。

共通する楽しさを持っている人達には、自分の年齢のことを話したところで、
あまり気にならないのではないでしょうか。

③アルバイトなどしてみる

アルバイトなどをしてみるといいですね。
仕事場には様々な年齢の人達が働いていて、年齢差のことは気にならなくなると思います。

アルバイト先での環境がもとになり、そのうちに大学生活でも年齢差について、
気にならなくなるに違いありません。

大学生になってみると、それまでと違うことの1つとして、このような年齢差などの悩みごとなどあったりします。
しかし実際には戸惑うことは、ほとんど始めの段階のみのことのようです。

それは、いつの間にか消えてしまいます。

大学を卒業して就職すればもっと幅広い年齢差を経験します。
今後の1つのステップとして考えればいいでしょう。

こちらの記事もいかがですか。

スポンサーリンク