生活

大学生のサークル選び!おすすめは将来役立つという視点!

大学生は社会に出る前に遊べる最後のチャンス。遊びの中で重要なのがサークル活動です。サークルは好きなこと、やりたいことで選ぶ!先輩が面白いかどうかで決める。あるいは人間関係を作りたいという理由で入る場合もあります。

スポンサーリンク








大学生のサークルのメリットは

同じ学部の先輩がいれば、勉強やゼミ、あるいは就職に関してアドバイスがもらえる!という利点はあります。先生の性格などの情報がもらえるのがありがたいですね。よく話しかけてくれる先輩は、先生とも話していることが多いので貴重なアドバイスがもらえるかもわかりません。

かといって、ふざけすぎているのも嫌だ!ちゃらちゃらしているのは嫌だ!という気持ちもわかります。しかし大学時代に失敗することも大事ですし、羽目を外すことも大切です。たとえ飲みすぎて、公園で寝てしまったり、店のトイレで動けなくなったり、そういう事も学生時代に経験しておいた方がよい事のひとつでしょう。

大学生のサークル選び!おすすめは将来役立つという視点!

まずはサークルの新歓に参加しよう

どんなサークルなのか?活動内容を知るためには新歓に参加してみるとか、活動日に見学してみることも大事ですね。新歓では気を使って話しかけてくれる先輩がどれだけいるか?はすごく大切です。

自分だけではなく他の新入生に対しても声をかけているかどうか見ているとよいでしょう。人を選んで声をかけている人や誰にも声をかけない人ばかりではよいサークルとは言えません。特に、新入生歓迎会なのに、サークル内の話ばかりして。うちわウケに終わっていたら要注意です。

新人歓迎会で見るべきポイントとは

新歓や活動の見学で、リーダーシップを取っている人がいるかどうかも重要です。特にスポーツの場合は、指導者の有無も大切ですが、メンバーが自主的に誰かをリーダーとしてやっていけているかどうかが重要です。

そして、将来を考えて選ぶということも大切です。将来役立つ人間関係を作る。将来役立つスキルを身に付ける。というのも大切です。就職活動の時に役立つ内容を選ぶことも重要です。

最近の就活では、どのサークルをしていたか?よりもどうしてそのサークルを選んだのか?を問われるケースも多くなってきました。それは、選んだことに対してどういう行動をとるかが大切だからです。

スポンサーリンク








サークルを辞めるという勇気

理由をしっかり説明できるならばやめても構わないのです。サークル選びとは選ぶことも大切ですが、辞めることも大切です。もちろん掛け持ちでいくつか試してみるというのもOKです。

自分のやりたいこと、現在と将来を良く考えて、ダメだと思えば辞めちゃう。このメンバーがダメだ!と思えば、社会人のサークルや他大学のサークルに入っちゃうのも悪くありません。

サークルは大学生活の大切な思い出

大学時代に失敗するのも大切と書きましたが、サークル選びこそ失敗を恐れず挑戦してみてよいのではないかと思います。嫌になったらやめていいんですが、選ぶのもやめるのも友達任せ、というのはやめた方がいいですね。自分でよく考えて決めればきっと将来につながると思います。

スポンサーリンク