生活

大学生がサークルとバイトを華麗に掛け持ちする方法とは?

大学生にとって勉強よりも大切なこと、それは大学生時代に目いっぱい経験を積んでおくことです。経験といえばサークル活動とバイトを頑張ることが大切でしょう。

スポンサーリンク








サークルとバイトの掛け持ちはすべき

サークル活動もお金がかかりますからバイトとの両立は大切です。バイト自体も経験になります。でも、バイトで得る経験というのは、接客がうまくなるとか、言われたことができるようになるとか、責任感をもって仕事ができるようになりました。など実はほとんど就職には関係ありません。

就職するときになって履歴書にバイトで得たスキルをつらつらと書く人が多いのですが、はっきりいうとマイナスになるケースが多いです。じゃあ、バイトで一番大事な経験は何?というと、失敗です。社会人になってからしては困る失敗もバイトであれば許される。という場合もあります。

特に、失敗をどう分析し、失敗を繰り返さないために、スキルや精神をどう磨いたか?が大切になります。つまり、バイトについていえば失敗を恐れず挑戦する。あまりベテランになって、後輩を指導しても、結果的にはあまり役に立たない。ということも多いのを頭においておいてください。

大学生がサークルとバイトを華麗に掛け持ちする方法とは?

サークルとバイトの掛け持ちはなぜ失敗するの

サークルとバイトの掛け持ちがなぜできないのか?というと、時間の振り分けができていないからですよね?サークル活動とバイトのどちらのウェートを重視するかはとても大切です。バイトの比重が増えて練習不足や作業時間不足でサークル活動が不十分になることも多いです。

逆にダラダラとサークル活動に時間をかけてバイトする時間がなくなるケースもあります。時間を振り分けること。つまりサークル活動に必要な時間はしっかりとって(勉強もですが)、その上でバイトをしっかりやる。

バイト時間が長くなりすぎて、サークル活動ができない場合。あるいは睡眠不足になる場合。勉強不足になって留年するなど、バイトが原因でおかす間違いがあります。

スポンサーリンク








バイトにのめり込んではいけない理由とは

頼りにされて断れないとか、重要な役割を任されているので行かなくてはならないとか、、、。社会人としては当たり前の義務感、そして感謝される満足感、お金が入る喜び。これらが合わさってくるのですからバイトにのめり込むのも仕方ありません。

ですが、バイトにのめり込み過ぎると大切な学生生活を無駄にしてしまいます。授業料や家賃を稼ぐほどバイトをするのは難しいですよね。親や奨学金の助けを借りてバイトはほどほどにするのがよいと思います。

せっかくいいポジションについてやりがいのある仕事ができるのに、、、、とバイトで思う人は多いと思います。裏返せば、失敗することがなくなった、楽に流せる状態になった。後輩などをうまく使えるようになってきた。のかもわかりません。

バイトで最も大切な経験を積むという段階はすでに終わってしまったのです。サークル活動との両立がむつかしくなってきたら?新しいバイトを探す絶好のタイミングなのかもしれませんね。

スポンサーリンク