生活

大学生のパソコン選び!MacとWindowsどっちがいいの?

大学生になるとレポートの作成や論文を書いたりなど、パソコンに触れたりする機会が多くなると思います。大学のPCを使ってもそれらの作業はできますし買わなくても問題はないのですが、自分専用のパソコンを持っていると自宅で空いている時間に作業をしたり、好きな場所へ持ち出して作業したりすることができるというメリットがあります。では大学生はどんなパソコンを持つべきなのでしょうか。選び方は?調べてみました。

スポンサーリンク








MacとWindowsの違いは?

まず「パソコン」と聞いてまず思い浮かぶのはMacとWindowsですよね。よく聞く名前の両者ですが違いはいったい何なのでしょうか。

Macはアップル社が作っているものでほかの会社には作らせていないクローズドなOSです。そのためMac専用のソフトウェアなど非常に互換性のあるサービスを構築することが可能です。

それに対しWindowsはマイクロソフト社が作っているオープンなOSです。TOSHIBAやFUJITSUなどあらゆる会社が制作し、販売しています。それぞれの会社が工夫を凝らした機能やデザインのパソコンを作っているので種類が豊富なのが特徴です。

大学生のパソコン選び!MacとWindowsどっちがいいの?

デザイン系ならMac!

実際に自分がどんなことをしたいのか、パソコンを使う目的は何なのかによって選択すべきパソコンは変わってきますがデザイン系に興味がある、もしくは将来そちらの方向へ進みたい!と考えている人はMacがおすすめです。

理由は二つあります。Macは直感的に作業をすることができるのでパソコンを操作するうえでのストレスを少なくすることができるというのが1つ目。2つ目は今現在使われている主要なデザインソフトがMacのソフトであるということです。

仕事では効率性や利便性を重視するので同じソフトを使っている方がトラブルも少なく円滑に仕事を進めていくことができるのです。

スポンサーリンク








手堅いWindows

Windowsも最近は自社ブランドを押し出したプロモーション施策を出してきており洗練されたブランドイメージがついてきました。WordやExcelなどのソフトは多くの職場環境で使用されており、実際に使う機会も多くあるでしょう。

仕事でも使う機会が多いので学生のうちにそれらのソフトの使用方法を練習しておくのも手かもしれません。また多くの会社が様々なデザインのものを出しているので自分の気に入ったデザインのものを買うのもいいですね。

いかがでしたでしょうか?大学によってパソコンの環境が違うので自分の大学にあったパソコンを購入するのもいいかもしれません。せっかく書いたレポートが文字化けしてしまったり、互換性の問題で表示されなかったりしたら大変ですから。自分にあったパソコンを見つけられるといいですね。

こちらの記事もいかがですか。

スポンサーリンク