恋愛

結婚の現実と理想とは?今のうちに知りたいのです!

大好きな彼氏と結婚すると、一生幸せな人生が送れるよね。

自分ではそう思っていても、結婚の現実はそんなに甘くないよと、
周りの人に言われるし・・・。

そんなに結婚って、楽しくないの?
結婚の理想と現実って、どれだけ違うの?

―そんな風に、不安を抱く人も多いでしょう。

スポンサーリンク








結婚の思想と現実とは?

結婚したことがない人にとって、
理想的な結婚生活を送っている、
将来の自分を想像するのは当然のことです。

誰だって、最初から不幸な結婚を予想して
結婚する人などいないでしょう。

また、多くの場合、
結婚は好きな人と一緒になるわけですから、
その生活に夢を見るのも当たり前のことです。

ですが、確かに、結婚に関しては、
理想と現実のギャップが往々にしてあると言われています。

その、結婚の理想と現実のギャップをいくつかご紹介しましょう。

結婚の現実と理想とは?今のうちに知りたいのです!

①先が見えない

お付き合いしているうちは、
前もってデートの予定を立てたり、旅行の計画を立てたりして、
大抵は予定通りにことが運ぶものでしょう。

ですので、お付き合いの間は、
そんなに大きなトラブルもない人が多いはずです。

ですが、結婚生活は、
お付き合いの頃とは比べものにならないくらい、
長い年月を一緒に過ごすことになります。

そして、その長い年月の間には、
当然予測し得ないことだって起こるのです。

  • いつ頃赤ちゃんが欲しい
  • いつ頃マイホームを建てたい
  • 何歳まで仕事をして、その後は老後を楽しく過ごす・・・

と、いろんな予定を立てることもあるでしょうが、
全てが予定通りに運ぶとは限りません。

自分の予想だにしない方向に事態が進んでしまうと、
これほどのストレスはないでしょう。

でも、そのトラブルを一緒に乗り越えるのが結婚です。

ですので、結婚は、
トラブルに直面する可能性を秘めていますが、
その反面、トラブルを一緒に乗り越えることで、
お付き合いの頃よりも、
旦那様と深い絆が生まれやすくなるのです。

スポンサーリンク








②金銭面

お付き合いの頃は、
彼氏がいつもごちそうしてくれていたのに、
結婚すると、何もプレゼントをくれなくなったり、
何となくケチになった、ということもあり得ます。

お付き合いの間は、
自分のいい面だけ見せていればいいのですが、
結婚は一緒に暮らしているわけですから、
いつもいい面だけ見せていられるわけではないでしょう。

それどころか、金銭面に関しては、
素の性格が出ることもあるでしょうし、
何より、2人で家計を支えるわけですから、
現実的にシビアになるのも当たり前のことでしょう。

でも、そうすることで、
2人の生活が守られるわけですから、
理想と現実がかけ離れていても、致し方ありませんね。

③愛情

お付き合いの頃は、好き嫌いという感情のおもむくまま、
お付き合いが続いたり別れてしまったり、
ということが多いでしょうが、結婚生活は、
その愛情がいつまでも続くとは限りません。

中には、本当に、結婚したての頃のまま
愛情が続いている夫婦というのも存在しますし、
逆に、愛情が冷めてしまって他の人が好きになり、
離婚してしまう夫婦というのも存在します。

ですが、夫婦の多くは、愛情の形態が変わってゆきます。
それは、愛情が昇華するという言い方が近いかもしれません。

つまり、異性に対する愛情から、家族愛へと変化するのです。
ですので、好き嫌いという範疇を越えて、
もっと深いつながりになるというわけです。

結婚した頃の燃え上がるほどの情熱はないにしても、
いなければならない、空気のような存在という風に、
夫婦の関係が変わってゆくわけです。

こちらの記事もいかがですか。

スポンサーリンク