生活

見た目で判断されるのが納得出来ない女性です

そりゃ、見た目の印象がいいに越したことはないけれど、
何で見た目で判断されるのか、女性の私は納得できない!!

不機嫌じゃないんだけど、不自然な笑顔なんてしたくないし、
ファッションだって、いつも好きな格好でいたい・・・

もっと、性格とか、中身も見て欲しい!!

スポンサーリンク








なぜ見た目で判断されるの?

―そんな風に、外見で判断されることに、
違和感や怒りを覚える人もいるのでは?

でも、外見で判断されるには、それなりに理由があるのです。
その理由をいくつかご紹介しましょう。

①表情

人の持つ表情は、その人の印象の
多くを決めると言っても、
過言ではありません。

その人の印象が良いかどうかは、
その表情でしかうかがい知ることはできませんね。

例えば、初対面の人に会った時、
その人の表情が暗いと、あまり良い印象は受けないでしょうし、
その人の表情がとても明るいと、
接しやすくて話してみたくなる印象を受けるものです。

特にこの場合のように、お互い初対面だと、
相手の外見以外に、その人を判断できる
材料が他にはないので、致し方ありません。

見た目で判断されるのが納得出来ない女性です

人の好印象は見た目が6割

実際、アメリカの心理学者であるメラビアンも、
その著書の中で、人が好印象と決める要因の
法則
を示しています。

その法則とは、表情が六割、話し方が三割、
話す内容が一割
というものです。

つまり、外見の占める要素が多いというわけです。

ですので、見た目によって、その人となりが
判断されうる可能性が高い
ということになります。

それが良いか悪いかは別として、
それが対人関係の上で日常的に行われていることなので、
いつも明るい表情でいられるように努めておいた方が、
得することがあると思っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク








②ファッション

ファッションは、人それぞれ、自由に楽しんで良いものです。

優れたセンスを主張するも良し、
独自性を主張するのも自由です。

ですが、その時と場合により、
人に不快感を与えるファッションというものがあります。

例えば、就活で、派手なネイルや金髪、
タトゥーをしていくのは、
ふさわしいでしょうか?

そういうファッションの人を求める企業も、
ごく一部にはあるかも知れませんが、
大多数の企業では、そういったファッションをして行くと、
面接官に注意すらされるところもあるでしょう。

あなたの印象は見た目でほとんど判断されている

つまり、その人となりは、
そのファッションによっても判断されるわけです。

その人の人格を判断するのに、
TPOをわきまえたファッションをしているかどうかは、
十分な判断材料になります。

時と場合をわきまえたファッションができる
=大人として節度がある
ということにもなります。

すなわち、ここでも、
外見で判断されているということになりますね。

こちらの記事もいかがですか。

スポンサーリンク