生活

大学生の英語勉強法!個別指導が良い理由は?

将来海外で暮らしてみたい、海外でのキャリアを積みたいと考えていたとしても、英語を勉強するのが苦手ななら、強制的にでも英語を学習する環境に身を置かないと英語力は伸びません。

留学や将来へ向けてTOEICなどの資格を取ろうと考えているなら、「英会話の個別指導を受ける」という選択肢も視野に入れてみませんか?

スポンサーリンク








努力することも大切だけど一番大事なのはモチベーションの維持

社会人になってから英語を勉強しようとしても、英語を使う機会というのは日本国内で働く場合少ないことは間違いありません。モチベーションがあがらず、挫折してしまっている社会人は多くいます。

まだ大学生として時間があるなら、まだ仕事もしてないし、可能性の幅がぐんと広がってきます。そう重要なのは、努力次第とモチベーションの維持です。

  • 留学準備のために英会話力を身につけたい
  • 就職活動や将来の仕事に英語が必要!
  • いつか海外で働いてみたい

もしあなたがこれらのうち一つでも当てはまるなら、地道にコツコツと英会話スクールに通ったり、短期留学を選択するよりも英会話個別指導を受けることをお勧めします。

大学生の英語勉強法!個別指導が良い理由は?

英会話個別指導をおすすめする理由

マンンツーマンレッスンで、目的に合ったレベルの英語を学べる。

たいていの個別指導塾では一人ひとりの目標や目的に合ったレッスンを行います。効率よくあなたに必要な英語を学ぶことができるでしょう。

具体的なシチュエーション別の英会話と話す相手を想定したもっとも適した表現を学び、すぐに役立つ英語を身につけることができます。

大手の指導塾では、出身国も経験も趣味も多彩で、好きな講師を「趣味の話題が合う」「留学したい国出身」「興味のある職種の経験がある」など色々な国や地域の講師と話せるというメリットもあります。

英語勉強において、独学で勉強している人の多くがぶちあたる壁の一つとし、伸び悩む時間が長くなってしまうということがあります。

自分に合ったインストラクターをみつけて、英語で面接練習がしたい・将来の仕事で役立つ表現を教えてほしい。などといった質問が自由にできることとTOEICのスコアがなかなか伸びないといったことも、すべて日本語で相談できるということも伸び悩みの問題解決として迅速に対応してくれることでしょう。

スポンサーリンク








まとめ

大学3年の後半から早々と就職活動の時期はやってきます。
ほとんどの人にとっては初めて、将来のこと・自分のことなどを真剣に考え始めます。

就職活動を行っている学生からアンケートをとってみると、
グローバルな人材になりたいと思う人は、77パーセントにものぼるそうです。

しかし実際に行動に移せている人は何パーセントいるでしょうか?
グローバルな人材には、英語は必須、でももっと大事なのは言語を越えたコミュニケーションです。

そこまで到達するための一歩として、国内で着実に英会話個別指導をおすすめします。

世界で活躍する準備を今、大学生のうちに整えておきましょう。

こちらの記事もいかがですか。

スポンサーリンク