恋愛

大学生の同棲!親にはなんて話したらいいの?

大学生になって、付き合い始めた男女の片方が一人暮らしを始めて、自然と恋人と同棲が始まっていたなんて人は多いのではないでしょうか?そんな話の中から恋人と本格的に同棲することになって、まず気まずい壁ができるのは親との関係です。

スポンサーリンク








親が近くに住んでいないなら、なんとか内緒にすることもできる。だけど、家賃を払ってもらっていたり、まだ社会に出ていない大学生にとって多少の罪悪感はあるはず。

全く親に話していないとなると、バレた時にどう説明するか・・・ということで、今回は大学生が恋人と同棲を始めて親に納得してもらうためにはどうすればいいかについて調べてみました。

大学生の同棲!親にはなんて話したらいいの?

両方の親に誠意を持って紹介しておくこと

親にとってみれば、どこの誰かも分からない人と大切な自分の子どもが住んでいるなんてあまり許したくないものです。まずびっくりすることに違いありません。

ちゃんと将来性があるのか?学業に支障がでていないのか?相手はどんな子なのか?など心配になることは間違いありません。
そうなるのを知った上で、誠意を持って説明してあげることで安心させてあげましょう。

まず、いい第一印象を与えられるように努めるべきでしょう。常識があり、ちゃんとした教育を受けて育ってきたということを理解してもらうことが印象を良くするために大事です。

ありのままを受け取ってもらいたい、そんな気持ちがあっても、まずはちゃんとしている人だなと思わせられないとその次には進めません。

相手の親に会うときに気をつけたいこと

  • 綺麗めな服装を心掛ける(おしゃれさよりも堅実さを出す)
  • 正しい敬語を使えるように気をつける
  • 食事を出された際は、箸の使い方やマナーに気をつける

スポンサーリンク








同棲を理解してもらうためのルールをつくる

勉強を怠らない約束をする

学生の本業は、もちろん”勉強”。親としては授業料を納めている立場であったり、これまで我が子にかけてきた投資に見合った成果を出してもらわないと腑に落ちません。勉強を怠るようになってしまうと、同棲どころかバイトでも許してくれないはずです。

子供は作らない約束をしておく

このことについては彼女の親はもちろんのこと、彼氏の親も不安に感じるものです。
自分の息子のせいで、他の家の大事な娘に傷をつけてしまったら・・・なんて不安が一番精神的にくる問題だと思います。

責任をとれる社会人になるまで子供は作らないこと、社会人になってから結婚する予定をたてていることをハッキリ伝えておくことであとあと問題にもつながりづらくなります。

生活費について説明する

学生の場合は親からの仕送りを貰っている人が多いはずです。生活費をどのように分担して支払うのかは、しっかりと恋人と決めてから報告するべきです。仕送りの額を減らせることを伝えておくと、了承も得られやすくなるのではないでしょうか?

同棲について報告しなかったらどうなる?実際に合ったトラブル

彼女の家族にバレて連れて行かれてしまった、彼女の親が『引っ越せ』と頑なに言ってきた、相手の親が怒り、大学を辞めろと言ってきたなどなど、彼女の親御さんが怒ってしまうケースが多いようです。

なるべく“心配させないよう”に、事前に上手に報告出来れば、大人としての自覚と責任感をアピール出来るので、お互いの関係もよりよくなるはずです。迷いがあるなら、勇気を持って説明してみましょう!

こちらの記事もいかがですか。

スポンサーリンク