生活

大学生が見るべき映画!おすすめをランキングでご紹介!

感動する映画を見たい、為になる映画を見たい。なんておもうことありませんか?映画はいいですよね。音楽と映像と演技の融合した総合芸術です。

つらい時や悲しい時、涙を流して気持ちをすっきりさせたい時などは映画観賞したくなります。ただ映画は年間だけでも数多くの作品が出ています。その中で出会える映画はごくわずかですし、人生の中で見てよかった!と思えるような名作に出会うことなど滅多にありません。

そこで大学生のうちに見ておいてよかった!と思えるような作品をランキング形式でいくつかまとめてみました。

第4位 ガンジー~Gandhi~

大学生が見るべき映画!おすすめをランキングでご紹介!

ガンジーについて描かれた伝記物の映画。ガンジーに興味がある人もない人も一度は見ておいた方がいい作品です。欧米列強に植民地支配を受けていた当時をもとにして描かれています。この映画は3時間にもわたる長い映画ですが内容は濃く、人権について考えさせられる映画です。

大学生が見るべき映画!おすすめをランキングでご紹介!

第3位 最強のふたり~Untouchable~

大学生が見るべき映画!おすすめをランキングでご紹介!

この映画はとにかく面白いです!見ていて幸せな気持ちになれる映画ですね。無職の若者が大富豪の介護をするという映画ですが、この経歴の全く違う二人が生み出す出来事、二人の間に生まれる感情が人と人は互いに影響を与えあって生きているということを感じさせてくれます。

第2位 それでも夜は明ける~12 Years a Slave~

大学生が見るべき映画!おすすめをランキングでご紹介!

アメリカ北部の自由黒人だった主人公ソロモンがある日突然、白人の奴隷として生活することになります。絶望の淵に立ちながらも、希望を捨てずにたんたんと生きる姿に感じるものがあるはずです。1619年に黒人奴隷が労働力として連れてこられ、奴隷解放宣言がありながらも今日までアメリカに根強く残っている人種差別。過去を見つめるとともに今現在の人種差別問題についても考えさせられる映画です。

第1位 シンドラーのリスト~Schindler’s List~

大学生が見るべき映画!おすすめをランキングでご紹介!

この映画はかなり有名ですので見たことのある人、見たことはなくても聞いたことのある人が多くいると思います。第二次世界大戦におけるユダヤ人虐殺ホローコーストを描いた戦争映画です。シンドラーという一人の経営者が多くのユダヤ人の命を救ったという物語で、悲惨な歴史の内側を学べるとともに自分が信念を持って行動した時、それが社会を動かす力になるのだという真実に気づくことのできる映画であるとも思います。

いかがでしたでしょうか?個人的な見解もあるので偏ってしまっているところもありますが、どれもおすすめの映画です。とくに感性の豊かな大学生のうちに見た映画、それに対して抱いた意見・感想は後々それが自分の思想の一部になります。

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク