生活

大学生の一人暮らし!家賃の相場はどれぐらい?

皆さんは大学へ実家から通学していますでしょうか、それとも大学に通える距離に一人暮らしをし、そこから通学しているでしょうか。なかにはこれから自分の希望する大学への進学を考えていて一人暮らしのための情報収集をしている人もいるでしょう。

スポンサーリンク








長年実家に住んでいると、一人暮らしって憧れますよね。でも大学生の一人暮らしって実際はどうなのでしょうか。仕送りの金額や生活費、先輩達がアルバイトでどのくらい稼いで生活をしているのか、実際に一人暮らしをしている人の意見を参考にご紹介していきたいと思います。

大学生の平均家賃はどのくらい

大手不動産サイトが発表した首都圏の大学生を対象にしたアンケート「部屋探しに関するアンケート」では一人暮らしの平均家賃である6万円台が一番多く28.7%を占めていました。次が5万円台で24.8%です。

男子大学生の平均家賃が62000円なのに対し、女子大学生の平均家賃は63800円と女子不大学生の方が平均の高い結果でした。大学生は家賃をなるべく安くすませるためにアパートに住む傾向が多いようで、女子大学生の2人に1人はマンションに住み、男子大学生は3人に2人がアパートを借りているそうです。

女性は身の安全を守る必要があるので、出来るだけセキュリティの高い物件を選んでいるようです。そのため平均の家賃も男性と比べて高いのですね。

大学生の一人暮らし!家賃の相場はどれぐらい?

どうやって物件を選ぶの?

次に大学生はどのような基準をもってして物件を選ぶのでしょうか。第一の要因として家賃を基準にして選ぶのが83.4%、大学との距離や通いやすさから選ぶのが67.6%、間取りや周りの明るさで選ぶのが62.1%でした。

スポンサーリンク








そのうち女性の55%は上記したようにセキュリティを重視しているようです。機能や設備面を中心で選んでいる人たちは独立したバスとトイレがついているが85%、エアコンがついているかが51%でした。

寮に入れば「寮費+生活費」で月5万円ほどあれば最低限の生活はしていけるでしょう。一方マンションを借りれば家賃と生活費で月7万円~12万円は必要になってきます。

一度はやってみたい一人暮らし。食器洗いや洗濯物、ご飯を自分で用意したりなど家事はすべて自分でやらなければいけません。

家に帰っても電気はついておらず、「おかえり」と言ってくれる存在もいない。一人暮らしを始めてから親の大切さに気付くという人も多くいると聞きますし、一人暮らしの経験をすることによって世の中の大変さを知り、周りに対して感謝して生きていくことができます。

親には負担をかけてしまいますが、こういった経験でしか得られないようなことを学べるのも、一人暮らしの魅力のうちの一つですね。

スポンサーリンク