恋愛

言葉遣い悪い女性はやっぱり嫌いですか?

うっかり言葉遣いを誤り、相手からの印象が
悪くなってしまうことって
ありそうですよね。

言葉遣いのミスは、多くの人が注意しなければと
思っていることではないでしょうか?

また、恋愛では言葉遣いが悪い女性は
嫌いな男性が多い
と言われます。

今回は、言葉遣いの悪い女性は嫌いなのか?
、その対策について
お話します。

スポンサーリンク








言葉遣い悪い女性を男性が嫌いな理由

男性に定着している理想的な女性のイメージには、
清楚・優しい・おとなしい・まじめ」などがあり、
多くの男性はそのような理想像を
相手(あなた)を通して認めようとします。

それ故、女性(あなた)に流行りの砕けた言葉遣いや男性と同じような言葉遣いなどがあれば、大きなマイナスになってしまうのです。

また、誤った言葉遣いで男性から嫌われてしまうのは、
ほとんどの場合、男性の期待を裏切る形で
言ってしまった
場合が多いようです。

言葉遣い悪い女性はやっぱり嫌いですか?

誤りと言われている言葉遣いのタイプ

男性からのイメージを下げる言葉遣いの例を挙げてみましょう。

①「やばい・やべー」「マジ」「うざい」「ダサい」「じゃね?」「キモい」
「すげー・超」

②「お前・てめえ」「腹減ったー」「メシ」「うまい・うめー」「しろ・しろよー」

以上のような範囲の言葉になりますが、
女友達同士では、使うことがあるかもしれません。

ただ、「お互いをよく知っていない人(男性)」の前で
うっかり使ってしまえば、良く見られないことが多いようです。

男性が理想的としている女性のイメージ
清楚・優しい・おとなしい……)を
大きく裏切ることになってしまいます。

ちなみに、砕けた言葉を使用しても影響しない、
お互いをよく知っている間柄の男性というのは、

  • 幼い頃から親しい男性
  • 仲の良い友達や恋人
  • 夫婦

などになりそうです。

スポンサーリンク








言葉遣いが悪いと損な理由

言葉遣いが悪いと損をすることが多いのですが、
それは何故なのでしょうか?

私達は1日の多くの時間を、仕事や学校で費やしています。

その為、どうしても仕事や学校でふさわしいと
されている事柄を考慮することが必要なのです。

その中には、当然ですが言葉遣いも含まれるのです。

仕事や学校では、言葉遣いが乱れてしまうことで
生産性に影響が出ることになってしまいます。

また、恋愛では言葉遣いによってもたらされる
印象が良いことは、恋愛成就に欠かせない要素の1つです。

彼に気に入られて交際が始まるのは目の前だと
思っていたことが、うっかり言葉遣いを誤り
関係がぎくしゃくするようになってしまうことがあります。

スポンサーリンク








言葉遣いで失敗しない対策は?

①日頃から言葉遣いには注意する

うっかり使用してしまって、相手からの印象を
下げることなどが発生しない為に、言葉遣いには
普段から「意識して」注意するようになれるといいでしょう。

また、会話をする際には、
あなたがゆとりのある状態でいるのかを、
まず確認するようにします。

ゆとりがないと思える時は、言葉遣いには
より意識しながら
話すなどしましょう。

ゆとりを持っていない時は、あまり話さないことや
早く切り上げるようにした方がいいかもしれません。

②十分に親しくなるまでは、砕けた言葉の使用を控える

面識が浅い相手であれば、
言葉遣いに注意することは「必須」だと、
初めから決めておくことです。

見た目の印象が良いと思える人でも、
言葉遣いについては厳しい或いは
普通な意見を持つ人がほとんどです。

十分に親しい間柄じゃなければ、
砕けた言葉を使用しないというのは正しいでしょう。

スポンサーリンク








③流行り言葉遣いなどが、果たして自分の生活に必要なのかを考えてみる

砕けた言葉遣いは、
本当にあなたの生活に必要なものであるのか、
確認すれば答えが出るかもしれません。

流行りで使ってみたいと思えるようなものもありますが、
それをそのまま自分の生活場面に当てはめてみれば、
どのような感じでしょうか?

案外、流行りの言葉でも、
自分にはしっくりとしないことがあります。

流行りだから使うのではなく、
自分の生活の中でも同じように使えるのかを考え、
確認してから判断するのも良さそうですね。

言葉遣いがキレイな女性はやっぱり素敵

ここまで言葉遣い悪い女性は、男性は嫌い?
についてお話しましたが、いかがでしたか。

親しい友達同士の間などで使える言葉も、
仕事や学校では使えないことが多いようです。

また、恋愛ではそれが原因で
彼から嫌われることに繋がったりします。

流行りの言葉と日常用語とは、
区別して使う意識が必要になりそうです。

こちらの記事もいかがですか。

スポンサーリンク