健康

目が疲れるとどうなる?眠くなる時の対策は

目が疲れてくると、どうしようもなくなる。
これじゃ、何もできなくなるから、何か対策をしたい。

―そんな風に、疲れ目で困っている人もいますよね。

疲れ目になると、目がショボショボしたり、
目がぼんやりしてきたり、肩がこったり、
眠くなるという人もいるでしょう。

では、目が疲れるとどうなる?眠くなる時の対策
について、疲れ目対策をご紹介しましょう。

①蒸しタオル

蒸しタオルや、ホットアイマスクなどで、
目の周りを温めましょう。

目の周りを温めることで、
血行がよくなり、目の疲れがほぐれます。

また、蒸しタオルやホットアイマスクをつけている間は、
目を閉じているわけですので、
目を開けて緊張している状態から解放され、
かなりのリラックス効果が期待できますよ。

②マッサージ

マッサージも、目の周りの筋肉をほぐす意味と、
リラックスの両方の効果がありますので、
疲れ目を癒すには効果的です。

また、マッサージしているうちに、
気持ちのいいツボを見つけられるはずですので、
おすすめですよ。

目が疲れるとどうなる?眠くなる時の対策は

③目薬

目の疲れの原因は、
ピントを合わせる機能が疲労してしまうことと、
目の乾燥も関係することがあります。

ですので、そんな時は、
疲れ目に効く目薬を使うのも効果的。

また、眠気を何とかしたいときには、
刺激のある目薬を使うのもおすすめ。

こちらもリフレッシュできる方法ですよ。

④体操

眼球を上下左右に動かすとか、
まぶたをギュッと閉じてから、パッと大きく見開くなど、
目の体操をすると良いでしょう。

こちらも、リラックス・リフレッシュ効果がありますよ。

⑤目を閉じる

目を開けていると、何かを見たり、
何かを考えたりしてしまうもの。

なので、目の疲れを癒すためには、
ただ目を閉じるだけでも、効果があります。

目を閉じることで、
目の前のものを見ることはさえぎられますので、
気持ちが自然とゆったりしてきます。

目の疲れから、勝手に眠くなってくることと、
意識的に目を閉じることは違います。

あえて、目を閉じることで
リラックス効果をもたらすことがあります。

⑥見る

1点をじっと見つめるとか、
同じ距離のものばかり見ていると、
目は疲れてきます。

ですので、近くのものを見たら、
遠くのものを見てというふうに、
視野・視界を変えることでも、目の疲れは癒されます。

できれば、外の木々など緑色のもので、
目にいいものを見るようにすると良いでしょう。

これらの動作をすることで、
目の疲れの原因になっている作業を中断し、
気分転換することにもなりますので、
目の疲れを癒すためには、今、目の前にある
作業以外の動作をする
ことをおすすめします。

⑦つらい目の疲れにえんきんをお試しする

目の疲れに効果があるものはないか、
とお探しのあなたには、
ファンケルの【えんきん】がおすすめです。

【えんきん】には、

  • ルテイン
  • アスタキサンチン
  • シアニジン-3-グルコシド
  • DHA

が含まれるので、
手元のピント調節機能もアシストしますし、
目の酷使からくる肩・首筋への負担を和らげるのです。


目が疲れるとどうなる?眠くなる時の対策は

目が疲れるとどうなる?眠くなる時の対策は

今なら返品・交換 無期限保証で試せるチャンス!

お試し2週間分に

さらに今なら!
もれなく2週間分がもう1袋付いてくる!

【ファンケル】通販限定!今なら合計4週間分でお試し1,000円!
目が疲れるとどうなる?眠くなる時の対策は

こちらの記事もいかがですか。

スポンサーリンク