恋愛

上手なデートの断り方!女性からさり気なく

男性からデートに誘われた時に、返事の仕方が
分からなくて悩むようなことがありますよね。

上手なデートの断り方が分からなくて、後で
気まずい思いをするようなこともあるようです。

あなたは、そのような気まずい経験を
したことがないでしょうか?

今回は、上手なデートの断り方!女性からさり気なく
について、
お話します。

スポンサーリンク








相手を否定しない断り方をする

誘って来る男性は、女性に好意を持っていますので、
しつこいからと思って否定的な断り方をしてしまうと、
好意が反感に変わる場合があります。

ですから、嫌だと思っても相手を頭から
否定することは
避けた方がいいでしょう。

「せっかく誘ってもらったのにごめんなさい。どうしても外せない用事があってダメなんです。」

これならば、断る為にきちんとした理由になっています。

上手なデートの断り方!女性からさり気なく

さらに、じゃあいつなら大丈夫?
ということになると思います。

「暫く、忙しくなるから、暇になったなら連絡します。」

このような返事をすることで、男性はあなたから
連絡を待つことしかできなくなります。

暫くすれば、気付くor諦めて、他の女性を
探し始めるのでは
ないでしょうか。

スポンサーリンク








無関心な断り方をしない

無関心な断り方は、否定的な断り方と同じくらいに
好意を持っている男性を傷つけることになる
場合があります。

このような場合には、誘いのデートには関心が
あることを示した上で断ればいいですね。

「行きたいと思っていたんですけど、どうしても外せない用事があってダメなんです。」

そして、いつだったなら……ということへの対応です。

「暫く、忙しくなるから、暇になったなら連絡します。」

このような返事をすることで、誘った男性を
返事待ちの状態
にすることができます。

男性は暫くすれば、気付くor諦めて、
他の女性に関心を持つようになるでしょう。

スポンサーリンク








感情的な断り方をしない

男性から余計なことを言われて、感情的な
断り方をするようなことが
あるかもしれません。

例えば

「どうせ、暇なんだからいいじゃん。」

みたいな感じです。

感情的になる理由があるので仕方ないのですけど、
男性が余計なことを言うのは、無意識に気を
引きたいから言っていますので、
そこを理解して
感情的にならないで断り、後味が悪いような
思いをしないよう済ませましょう。

自己主張をしてしまわない(余計なことを言わない)

彼氏がいることや好きな人がいるなどを理由に
断ることは、必ずしも悪くはないと思います。

ただ、彼氏がいても好きな人がいても、
アプローチしてくる男性は多いようです。

そのことで、彼氏のことや好きな人のことを
聞いてくるなど、
男性に余計な関心を
持たせてしまうことがあるでしょう。

断り方がよくわからないことがありますので、
仕方ないのですけど、余計なことを言うことは、
長引く可能性として
捉えることも必要です。

スポンサーリンク








素直で簡潔な断り方が大切

以上、いくつかの上手なデートの断り方を述べましたが、
デートなどの誘いを断る際に必要なことは、
素直で簡潔な返事を心がけることではないでしょうか?

きちんとした理由とは、

  • 妥当性のあること
  • 本当でなくてもいい
  • 極端な嘘はNG

で、行けないこと&都合がついたらこちらから
連絡することを伝えるなどであれば、誘う男性は
ほとんど違和感を感じることがありません。

その場を切り抜けることができ、その後でも
男性と距離を取ることができるような断り方

ならば、安心して使えそうですね。

上手なデートの断り方!女性からさり気なくについて
お話しましたが、いかがでしたか。

後々、気まずい思いをしたりする場合があったり、
男性の誘いを断るのは、単純な問題では
ないようです。

また、デートを断る際には、相手の好意を否定
したり無関心を装ったりなど、できれば避けた方が
良いと思われる断り方
があるようです。

スポンサーリンク