恋愛

大学生で彼氏いない女子が変わる日常の習慣とは

大学生になって生活も学業も落ち着いてきたけど彼氏がまだいない悩みを持つ女子の皆さん。

彼氏なんて手軽に見つけられるものではないので、どうしようかと悩んでしまいますよね。だけど、日常の習慣を変えることが彼氏を作る為の早道だって知ってましたか?

スポンサーリンク








この記事では大学生で彼氏いない女子が変わる日常の習慣とはとして、日常の習慣を変えることであなたが激変していく理由についてお話ししていきます。

男子について学習してみる

まず男子とはどういう生き物なのかを学習しましょう。

男子は女子とは全く違う生き物ですから、普段の生活からだけではなかなか理解することは難しいのです。

基本的に男子が女子に求めるものは「女子らしさ」です。かわいい・綺麗・上品・純真・謙虚・健気など女子らしい行動に惹かれます。

服装の好みや髪型の好みや好きなタイプなど一般的なことから、LINEのNGや仕草のNGや嫌いなことなど男子の好き嫌いな事柄を、ソーシャルサイトなど利用してチェックしてみることをお勧めします。

細かい部分はそれぞれの男子で違うと思いますが、男子に共通することを知っていれば、それを取り入れることで男子ウケが良くなるのは言うまでもありませんね。

大学生で彼氏いない女子が変わる日常の習慣とは

アイテムの選択を工夫する

オシャレに気を使わない女子はほとんどいませんが、男子が好む服装と女子が好む服装が異なることがありますので、その点は注意しましょう。

男性は女子らしさが感じられる服装が好きな人が多いということです。ボーイッシュなものや派手なものやだらしない感じのものは一部の男子を除けば、全体的な男子ウケは少ないです。

ワンピースやスカートなど女子らしさがシンプルに伝わるアイテムは、大多数の男子にウケがいいので参考にしてみてください。

重要なポイントは、女子の服装や流行に関心を持っている男子は少ないので、女子ウケはしても男子ウケしないものもあるということです。

女子同士なら分かるようなセンスはほとんどの男子には分からないと思っていいでしょう。

スポンサーリンク








髪型を変えてみる

髪型でも、女子ウケするものが必ずしも男子ウケするとは限らないので注意してください。
女子らしさが薄いものや派手なものも意外にNGなのです。

男子ウケが悪い髪型として「ベリーショート」

女子らしさに欠ける「ぱっつん前髪」

マイナスにしかならない「巻き髪」

キャバ嬢みたい「おだんご」

男子ウケのいい髪型は女子らしい・清楚・かわいいものに集中します。

それは「ストレートロング・セミロング」「パーマロング・セミロング」「パーマボブ」などです。

サークルなどグループ活動に参加する

大学で何かサークルに入ってみるという積極的な行動もいいでしょう。もちろん男子の人数が揃っているサークルです。

何か共通の趣味などがあると親しくなりやすいですし、接する機会が多いほど男子が気になるものです。

またサークルを通して、気になる男子の事、あるいは他の男子のことについて身近に手軽に確認する事も出来るのがいいですね。

料理を作るようにする

男子ウケのいいのが料理が上手い、あるいは料理がささっと出来る女子です。最近は料理する男子も増えていますが、やはり料理ができる女子は好感度が高いのです。

1日1品でもいいので、クックパッドなど手軽に利用出来るレシピサイトを参考にして、料理を作るようにしてみてください。

すると、機会があればお昼休みに好きな男子に手作りお弁当の差し入れをすることも可能になりますね。

スポンサーリンク








美容を意識する

体のラインがキレイだとやはり男子の視線を集めることが出来るでしょう。

何故なら女子にとってのスタイルの良さは、美人と同義の魅力だからです。

一般的には健康的でキレイな身体のラインが男子ウケがいいようです。あまり痩せすぎると女子らしさが薄れてしまいます。

お腹や二の腕や脚の余分な脂肪をつけないように、日頃からダイエットエクササイズを行うといいでしょう。

余分な水分や脂肪などの老廃物がむくみとなりますので、静脈やリンパの流れを良くするなど老廃物を体外に出すようにします。

ツボやマッサージ・ダンスエクササイズ・筋トレなど自分で簡単にできる方法がたくさんあります。ですのでご自身に合うものを見つけていきましょう。

自分を磨けば必ずあなたは輝く

男子というものを理解して、女子に対してどのような理想を持っているのかが分かるようになれば、「大学生で彼氏いない」ようなことはなくなるはずです。

冗談ではなく、しばらくすると彼氏候補希望の男子がたくさん出てくるかもしれないですね。

その時こそ大学生で彼氏いない女子のあなたが変わる瞬間なのです。

だから頑張って。

こちらの記事もいかがですか。

スポンサーリンク