健康

寝すぎてだるい時!対処法が知りたい

いつもより寝すぎてしまうと、
逆に体がだるくなったりしますよね。

でも、そんな時、どうすれば体のだるさを
取れるのか分からない
という人が
ほとんどでしょう。

寝すぎてだるい時!対処法が知りたい

では、寝すぎてだるくなった時にどうすれば
いいか、その対処法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク








①光

人間の体は、起きているときや活動している
ときには、体を動かすために交感神経が働き、
寝ている時には、体を休めるように、
副交感神経が働いています。

毎日毎日このバランスで生活をしているの
ですが、寝すぎると、このバランスが崩れて
しまいます。

寝すぎてだるい時!対処法が知りたい

ですので、体のだるさを取りたいなら、本来の
バランスを取り戻すため、
体を覚醒させましょう。

そのために効果的なのは、朝起きて、
太陽の光を取り入れることです。

起きてすぐに、太陽の光を浴びると、
体内時計がリセットされて、一日の活動を
始めることができますので、だるさを
軽減するのにも良いでしょう。

②カフェイン

コーヒーやお茶に含まれるカフェインは、
眠気覚ましのドリンクにも入っていますよね。

それは、中枢神経に働いて、脳をシャキッ
とさせて目を覚ましてくれるから
なのですが、
この作用を、寝すぎによるだるさを解消
するのにも利用しましょう。

スポンサーリンク








ただし、空腹にいきなりコーヒーを飲むと、
胃腸に負担がかかったり、かえって気分が
悪くなったりする人もいますので、薄めにする
とか、ミルクを入れるなどして飲むようにしましょう。

また、カフェインの取りすぎは、もちろん体に
良くありませんので、体に優しい適量を
心がけると良いですね。

③血行改善

寝すぎると、血行にも少なからず
影響があります。

寝ている間は、ずっと横になっているわけ
ですから、起きている時とは、重力のかかる
状態も異なりますので、
血行も異なって
いるはずです。

副交感神経が優位になっている寝すぎた
体には、軽いストレッチなどをしてあげると
良いでしょう。

少し動くことで、交感神経が働くようになります
ので、そのうちにだるさも抜けてくるはずです。

ですので、いきなりハードな運動やエクササイズ
をして負荷をかけ過ぎるのではなく、
そろそろ起きますよ)くらいにゆっくりとしたペースで、
軽い運動から始めてみてはいかがでしょう。

もしも、運動をするのがおっくうであったり、
苦手だという人は、運動の代わりに、
マッサージで代用しても良いでしょう。

マッサージにより血行が改善することもあります
ので、指先や手足、首や肩など、ゆっくりと
時間をかけて、優しくマッサージしてあげましょう。

スポンサーリンク