健康

統合失調症とは?どんな症状があるの

統合失調症という言葉を聞いたことがないでしょうか?

10歳代後半から30歳代に発生することが多い病気と言われています。
大学生など含め20歳代での発症が最も多いようですね。

思春期から青年期にかかる病気ですので、お子さんいる家庭であれば
1度は考えたことがあるかもしれません。

統合失調症って?

統合失調症というのは、精神疾患の1つで幻聴や幻覚や被害妄想などの症状が顕著な病気とされます。

2008年に国内で行われた調査によれば、統合失調症で医療機関を受診している患者の数は79.5万人にもなるということです。




統合失調症の症状

初期の症状としては

  • 眠れなくなる
  • 音や気配などに敏感になる
  • 周囲が異様に見える
  • 落ち着けなくなる

などの症状があるようです。

もう少し具体的に言葉にすれば

  • 「 幻聴や幻覚」
  • 「ぶつぶつと独り言を言う」
  • 「誰かが悪口を言うなど被害妄想」
  • 「幻聴や幻覚でひとりで会話あるいは誰かと会話する」
  • 「考えの混乱や話題の飛躍」
  • 「興奮や不眠」
  • 「架空の盗聴被害」

などの症状を挙げることができます。

症状が進行すると

  • 「無気力や無感情になる」
  • 「意欲や自信を失う」
  • 「うつ病や引きこもりが現れる」
  • 「思考力の低下」
  • 「入浴回数が減る」
  • 「部屋が散らかる」
  • 「持続しない・集中できない」

などの症状も見られるようになります。

統合失調症とは?どんな症状があるの

統合失調症の治療

統合失調症の治療法としては、一時的あるいは継続的に薬を服用することで、
症状の改善をすることが多いようです。

薬の作用により、脳内の乱れている神経の状態を正常に戻すようです。

薬には不眠を改善するもの・不安を和らげるものなどの成分が含まれていますので、
症状の改善には有効とされています。

反面、薬には副作用があることも知られています。

慢性的な眠気・意欲の低下や喉の渇きや手の震えなどがあると言われています。
薬により改善が見られる場合は、薬を徐々に減らすなどしながら早期治療を目指すとよいと言われています。




統合失調症への対応

病院などで統合失調症と診断された場合には、家族の人はどのように対応するのかは、
とても心配になる部分だと思います。

まずは病気の症状を確認して対応の仕方を把握します。

治療中に改善しているのか改善していないかよくわからない場合は、本人の部屋の様子や本人の身なりなどを判断基準にしてみるといいかもしれません。

仮に早期治療に結びつかないようであれば、治療期間を想定することと治療過程のシミュレーションなど具体的に表してみて、その場その場で起こりがちな不適切な対応をしてしまわないことも必要だと思われます。

自分と他人とを比較してみると分かりやすいですが、自分が感じたりしていることを、そのまま他人が感じられるのかと言えば、それは無理なのではないでしょうか。

このような病気の場合にも、直接感じていることそのものに働きかけるのではなく、派生していること柄からまず理解を深めるようにすることも大切ではないでしょうか。

こちらの記事もいかがですか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です