就活

就活で行きたくない企業から内定もらった大学生女子!私以外にもいますか?

みんなと同じように就活を頑張って、
第一志望の企業に内定をもらえたと
いう人もいれば、残念ながら、あまり
行きたくない企業からしか内定をもら
えなかったという人もいますよね。

誰しも一番行きたい企業に内定が決ま
ればそれ以上のことはないのでしょう
が、必ずしもそううまくいくことばか
りとは限らないでしょう。

就活で行きたくない企業から内定をもらった大学生女子いますか?

ですので、気の進まない企業からしか
内定をもらえなかったという人は、
入社の前から、ブルーになってしまう
ものなのかも知れませんが、では実際、
こんな風に、就活で行きたくない企業
から内定をもらった大学生女子はいるのでしょうか?

就活で行きたくない企業から内定もらった大学生女子!私以外にもいますか?

います

・内々定をいただいた企業があり、そこに就職しようと思っています。ですが、第一志望でない業種で、秋募集も色々探していて、モヤモヤしています。
・練習のつもりで受けた会社から内定を受け、悩んでいます。将来性のない会社です。職種も希望するものとは違い、働く場所の環境も気に入っていません。
・最初はメーカーの設計や開発を志望していましたが、最近IT系の会社に内定をいただきました。でも不安でいっぱいです。メーカーの技術職はカッコいいイメージがあって、諦めきれずモヤモヤしています。その上、内定をいただいた会社は給料が安いということと、興味のあったこととは無関係の事業を行ってい
ること、専門学生が多い職場なので大卒女子への風当たりも気になること…など、ブルーになる理由がいくつかあります。
・就活に専念した結果、3社から内々定をいただき、2社を辞退しました。残りの1社に決めるか、このまま良い会社を探して就活を続けるか、あるいは、就職留年・既卒就活といった第三の選択をするかで迷っています。面接の際には、少々の困難があっても乗り越えるんだという気持ちだったので、前向きな受け答
えをし、適性検査も営業に向くであろう結果が出るように応えた部分が多少はありました。しかしいざ内定となると、業種、職種、勤務地など全てに迷いがあった今までの就活のことが思い出され、いまだに気持ちに迷いがある中でこの会社に行くことが正しいのかどうか分からなくなりました。結局のところ、飛
び込み営業の中小企業でオールラウンドプレーヤー体質を求められるよりも、やりがいが無くても福利厚
生が充実した大組織の歯車となり、年功序列で会社にしがみつきたいというのが本音であります。

―これらのように、企業から内定は
もらえたものの、それは自分の本当に
したい仕事ではなかったり、そもそも
その業種に興味が湧かなかったり…と、
いただいた内定に対して気が進まない
理由は、いろいろとあるようですね。

あなたの可能性を活かせる仕事を諦めない

確かに、誰しも自分の可能性を信じて、
思い通りの職場で、その能力をいかん
なく発揮してみたいと考えるのが普通
でしょうし、そのためにも、これまで
大学生活を頑張ってきたわけですよね。

それに、初めて社会人としてデビュー
するわけですから、どうせならやりた
くない仕事よりも、興味があってやり
たい仕事に就きたいと思うものでしょう。

これからの長い社会人生活、気の進ま
ない企業に妥協して就職するよりも、
希望の持てるような企業に夢を抱いて
勤めてみたいと思うのも当然なのでし
ょうが、現実はそう甘くもないというわけなのですよね。

「ミーツカンパニー」ならまだまだ希望の企業から内定がもらえる!?

ですが、そんな内定をもらったあなた
にも、実はまだまだ就活のチャンスは
あるようですよ。

それは例えば、イベント参加で内定を
もらうことのできる「ミーツカンパニー」です。

この「ミーツカンパニー」では、まだ
内定をもらっていない学生だけではなく、
既に内定をもらっている学生でも、
イベントに参加することができ、企業
の社長や採用担当者と話すことができるのです。

ですので、もう一度この就活のチャンス
に賭けてみるというのも、良いのかも知れませんよね。

就活で行きたくない企業から内定もらった大学生女子!私以外にもいますか?
就活で行きたくない企業から内定もらった大学生女子!私以外にもいますか?
ミーツカンパニーの評判が知りたい!イベント当日になぜ内定が出るの?就職を控えている人にとって、どこに 内定をもらえるかというのは、一生を 左右する死活問題でもありますよね。 ですので、できれば...
就活で行きたくない企業から内定もらった大学生女子!私以外にもいますか?
内定もらえないまま卒業した既卒女子に聞きたい!今仕事はどうしてますか?学生時代に就活をしても就職先が決ま らず、内定をもらえないまま卒業して しまったという人も、中にはいるのではないでしょうか。 ...