生活

大学生の留年 理由はどんなものがあるの

大変だった受験勉強の成果が実り、憧れの大学生活がスタートした大学生の皆さん!
おめでとうございます。

ぜひ4年間の大学生活を満喫してくださいね。

一方でせっかく入った大学なのに、留年してしまう人っていますよね?では、留年する理由って何でしょう?
その4つの理由を、いくつかご紹介しましょう。

スポンサーリンク








①成績

ただ単に、成績が悪かった、単位が取れなかったというのが、圧倒的に多い理由の一つでしょう。

講義内容や教科書の内容が難しかったのか、先生の出題傾向がつかめなかったか、あるいは、情報不足か・・・
いずれにせよ、単位を取るにあたって、何か問題があれば、事前に必ず克服しておかなければならないわけです。

今は、分からないことを調べようという気になれば、何でも役に立つツールがある時代ですので、うまく活用したいものです。

大学生の留年 理由はどんなものがあるの

②時間

本来ならば、そんなに悪い成績を取るような学力ではないのに、遊び過ぎか、アルバイトのし過ぎか、
サークルや合コンなどにはまり過ぎたか・・・物理的に時間が間に合わず、単位が取れない人もいます。

勉強以外のところに、興味が集中してしまったのでしょう。

ですが、今は特に、親の収入が低下している影響で、アルバイトに時間を費やされ、
生活が苦しくなっている大学生が多いという現状もあるようです。

でも、それ以外は、自分の問題ですね。

③留学

海外留学などで、暫く大学から籍を空けていた場合もあります。これは、特に語学留学が多いでしょう。

この場合の留年は、あとで帰国子女扱いになるわけで、正当な理由ですから、何らマイナスのない留年、逆にプラスになる
留年のタイプです。

留年の中でも、プラスになるのは、これだけですね。

スポンサーリンク








④興味

そもそも、第一志望の大学に入れず、滑り止めの大学で妥協したものの、講義内容に興味が持てず、
それゆえ勉強がおろそかになってしまい、留年してしまうケースもあります。

受験は縁や運も関係します。

第一志望校への未練は、なかなか断ち切れないこともあるでしょうが、せっかく決めて入った大学。

そもそも、人の適性は、どこに転がっているか分かりませんので、第一志望校ではないにせよ、その大学の勉強に、
将来の天職が隠されていることもあるのです。

ですので、割り切って、新しいスタートを切りたいものですね。

何のために大学に通うのかを考える

ここまで大学生の留年 理由はどんなものがあるのか深掘りしてきました。

毎年のように、どこの大学でも、色んな理由の留年者がいるでしょうが、こと企業の就職に当たっては、
大きなマイナス要素になります。

人生を左右する就職ですので、最初からつまずかないことが肝心です。

スポンサーリンク