生活

大学生の履歴書の書き方を教えるよ アルバイト志望動機編

大学生の皆さんが履歴書を書くのはアルバイトの時ではないでしょうか。
希望のアルバイトに一発で受かればいいのですけど、スピード優先
ならば複数のバイト先に応募したいものです。

そこで大学生の皆さんが困るのは、志望動機です。就活ならば
志望動機もきちんと作ってあるのだけど、というあなた。

実は志望動機はアルバイトの採用に重要なデータだって知ってました。

スポンサーリンク








だから志望動機も応募するアルバイト先ごとに、きちんと作っていかないと
ならないのです。とはいえ、ポイントを抑えれば難しいものではありません。

今回はアルバイトの志望動機を簡単に作れる方法をお教えします。

大学生の履歴書の書き方を教えるよ アルバイト志望動機編

志望動機は大きく分けられる

皆さん、志望動機と言えばどんな深イイことを書けばいいのか考えたり
しますが、それはNGです。何故なら志望動機はアルバイト先から見れば

あなたは何故このアルバイトがしたいのですか?

という問いかけに答えるものであればいいからです。アルバイト先は
きちんと働いてくれる人を募集しているのですから。
志望動機はざっくりと以下の分類に分かれます。

  • 未経験だけどアルバイトしたい
  • 交通の便が良い シフトが希望通り
  • 時給の高さ。がっつり稼げそう。
  • アルバイトの応募職種の経験者である

スポンサーリンク








志望動機から具体的に広げる

アルバイトであればだいたいこれらのパターンに入るのでは無いでしょうか。
では未経験の場合から見ていきましょう。未経験で応募すると言う事は
そのアルバイトが絶対にやりたいのですよね。例えばお客様として利用している
カフェの店員さんであれば、どれだけそのカフェが好きかを書いていくのです。
話を盛っては駄目ですよ。何故なら面接の時に突っ込まれますから。

交通の便が良い、シフトが希望通りという理由は全然問題ありません。
むしろアルバイト先も望んでいる応募者だと言えます。
ただし、同じ交通の便が良い、シフトが希望通りの応募者同士だと、
プラスアルファで志望動機が欲しいものです。

時給の高さが志望動機もそのまま理由にしましょう。むしろアルバイト先も
時給の高さをPRしているものです。こちらも競合がひしめくでしょう。
だから長いシフトが大丈夫だというアピールや、遅刻欠勤がない社会人としての
マナーアピールが出来れば優位に立てます。

人は具体的な事柄に興味を示すものです。稼ぎたい理由が海外旅行や
語学留学なと明確であれば、志望動機に入れましょう。面接時の話題づくり
にもなります。

応募職種の経験者である場合は、募集する側も願ったり叶ったりです。
出来ればアルバイト採用後の教育期間が少ないほうが良いからです。

ただし経験者だけでは志望動機としては不足しています。経験者で何故そのアルバイトに
応募したのかをアピールしましょう。経験者の場合は前職を辞めた理由も
聞かれる可能性が高いです。前向きな理由を答えましょう。

本当だとしても人間関係がという理由はNGです。授業の関係でなど、
突っ込まれても答えられる回答を用意しておきましょう。

あなたがその志望動機を見て採用するか

ここまで大学生の履歴書の書き方アルバイト志望動機編をお伝えしてきました。
実は志望動機はそんなに難しいものではありません。何故なら予め
パターンから深堀して書いておけるからです。

最後に志望動機のポイントをお伝えするなら、あなたがもし採用担当者だったら
その履歴書の志望動機で採用するか?という視点で書くことです。
そう考えると結構シンプルではありませんか。

スポンサーリンク