ファッション

新大学生女子ですが服装で気をつけることありますか?

この春、新しく大学生になったばかり。高校の時には制服があったから、服装には特に気を付けなくても良かったけれど、
大学には制服はないし・・・

みんな大学には、毎日どんな服装で行くのか、とても心配。というあなた、いますよね?
でも、みんな同じ悩みを持っているはずですので、大丈夫。

新大学生女子ですが服装で気をつけることありますか?という不安でいっぱいのあなたに、
大学に通学する上で、服装やファッションに関して、最低限気を付けておきたい点をご紹介しましょう。




①露出

キャミソールやキャミワンピなどの、露出が大きい服装は、NGです。それは、女子大であってもそうですが、共学の場合、
なおさらです。

露出が高い服を着て、男子の目をひきたいのかと、周りの女子から勘違いされかねません。
不必要に敵を作りたくないなら、露出は控えめにしましょう。

②タトゥー

タトゥーはNGです。新大学生としては、ふさわしくないと言えるでしょう。

大学の先生は、大人です。
大人の目から見て、タトゥーはおしゃれというよりも、きちんとしていないイメージとして、とらわれがちです。

形容するならば、不真面目とか不良のイメージです。そんなつもりはなくても、大人は違います。
先生に悪い印象を持たれないようにするには、タトゥーは避けましょう。

新大学生女子ですが服装で気をつけることありますか?

③ネイル

控えめのネイルは、身だしなみがきちんとしていると、逆に高感度が上がることもあります。

どぎつい色は論外でNGですが、薄いピンクなどの明るい健康的な色だと、女の子らしく、若々しい雰囲気で、
先生の目から見ても、問題ないでしょう。周りの友達からも、おしゃれと言われそうです。

④シンプル

基本的に、大学は、服装に関しては自由です。大学に通うようになってから周りを見てみると、よく分かるでしょうが、
みんな結構自由におしゃれを楽しんでいるはずです。

パンツでもスカートでも、ワンピースでも、大丈夫。
スカーフや帽子などの小物使いもOK。バッグも自由です。靴だって、スニーカーでもパンプスでも、自由です。

一般的に、シンプルなファッションで、カジュアルな大学生が多いでしょうから、それなりに、
周りに溶け込む服装をした方が無難ですね。




⑤ブランド

ブランドのバッグを持つ大学生は多いでしょうが、行き過ぎたブランド志向は、周りから敬遠されます。

エルメスのバーキンや、シャネルのラムスキンのバッグではなく、キャンバス地のトートバッグのような、
大学にふさわしいバッグを心がけましょう。周りが気を遣ってしまうような、高級品は避けた方が良いですね。

大学生らしさが全てのポイント

ここまで新大学生女子ですが服装で気をつけることありますか?について、あなたと一緒に確認してきました。
いかがでしたか。意外とやってしまいがちなこともあったと思います。

大学生は学生なのです。その視点を抑えておけば大丈夫です。
好感度アップの素敵なキャンパスライフを過ごしてくださいね。

こちらの記事もいかがですか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です