大学生の彼氏と社会人の彼女が結婚を意識するタイミングは?

この記事は2分で読めます

長く付き合ってきた友人や同級生が早くもゴールインして子どもができたりしているカップルも少なくないなか、男女共に結婚ができる年になってみることで、周りの環境の変化や将来の不安を感じながら、相手が結婚についてどう思っているのか気になり始めるかもしれないですよね。

スポンサーリンク

社会人を目前に控えた、大学生の彼氏と社会人の彼女。このカップルの彼氏の視点からみて、「この子と結婚したい」なんて思う4つの瞬間について考えてみました。

彼女のつくった手料理を食べたとき・・・

パスタ作ったお前~♪

なんて曲がありますが、二人が結婚を意識するタイミングってお互いを家族として意識させるような瞬間がそうさせるんじゃないでしょうか。

一緒にスーパーで食材を買って、二人で料理をつくる。

もし、この子が自分の奥さんになったら、毎日こんな感じなんだろうな~と男性は間違いなく感じていて、そのイメージが強く記憶に残るはず。
どんな男性も家庭的な女性は魅力的に映ります。
料理が上手なら、なおさら「この子と結婚するのもアリかも」と。

大学生の彼氏と社会人の彼女が結婚を意識するタイミングは?

ふとした共通点や長所をみつけたとき

二人でいる時間はとても心地よくてずっと一緒にだっていれるかも・・・

そんな風に思えるのはなぜでしょうか?笑いのつぼが同じだったり、
話すペースが同じだったり、好きなものが一緒だったりといろいろ二人で
いるなかでの日常を客観的にみていると新しい気づきがあるかもしれません。

そんな二人の共通点を声に出して相手に伝えてみることって、意外に
効果的なんです。「私とあなたってこんなとこが似てるよね」と恥ずかしかったりするかもしれません。しかし伝えることによって、何か運命的なものを感じとって、二人の距離を近づけてくれるはずです。

スポンサーリンク

この人しかいないと思う瞬間を逃さない!

結婚している人になぜ今のパートナーと結婚したのか聞いたところ、
意外にもみなさん同じような回答が多くあったのです。

それは「今までの相手にはない特別の感覚があった」といった内容でした。

もし今の彼氏との付き合いの中でそんな瞬間を見つけたなら、
あなたは幸せを掴む一歩手前にいるのかもしれません。

お互いの両親に顔を合わせたとき

実家暮らしの人であれば、長く付き合っていると一度や二度は彼氏・彼女の親と顔を合わせる機会があるでしょう。
そんなときに話してみて、感触がよければ、嬉しくなるはず。
相手の両親を知っているという安心感は結婚に繋がる可能性は高まります。

現に男性としての体験で「彼女のお母さんをみればその子の将来もわかる」
ような気だってしてきます。普段から彼氏の存在を親に認めてもらえるように
少しずつ両親に恋愛事情を話してみると気が楽にもなりますし、就活も
両親の理解を得ることができて、思いのほか上手くいくかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで大学生の彼氏と社会人の彼女の結婚を意識するタイミングについてお話してきました。
大学生の彼氏は、まだ学生としてこれから就活を目前と控えています。
自分の理想のワークスタイルとプライベートとの恋愛、どちらも大切でなかなかバランスを保てないまま、
就活時期を迎えようとしている大学生の男子も多いのではないでしょうか。

新卒として働き、共に過ごすというのは、お互いのすれ違いにも繋がってしまう可能性だってあるでしょう。そんなとき二人が目指している方向性を信じて、やっていけるか、言い換えると相手を信じられるかが大切なはずです。

こちらの記事もいかがですか。



スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    カテゴリー

    ランキング参加中

    当ブログへご訪問ありがとうございます。 皆様のランキングバナーの応援クリックが記事更新の力になります。